幸せの届け方

----------------------------------------------------------
spelled on 2008/08/25 by everpeace
----------------------------------------------------------
自分の周りの人が幸せだったら 

自分の周りの人を幸せにしたいな 

人は誰しも そんな風に思うだろう 


そんな思いが 集まると とっても暖かい人たちの 輪ができる 

皆で笑い合い 感謝しあい とってもとっても 幸せな時間 

その人の輪は 眩いほどの 光を放つんだ 


でも 


それぞれが 一人一人の時間に戻ったとき あのときの眩さは 残っていない 

あの光の中で 感じた あの気持ちを 大切に心の抱きながら 

またいつか来る その日に 憧れながら 毎日をすごすんだ 


小さな思い 小さな光を 集めても  

輝きを放つことが できるのは 

心の底からの幸せを かみ締めることが 出来るのは 

一瞬でしかないんだ 



それで本当に 自分の周りの人は幸せなのかな 

それで本当に 自分は周りに幸せを届けられているのかな 



じゃぁどうすればいいんだろう 

人を幸せにするには 

人にハッピーを届けるには 



ちょっと悲しいけど 

たくさんの人に照らされて 自分が眩しくみえてるだけじゃ  

ダメなんだ 

みんなで みんなを 照らしあったところで 

一人ひとりが 輝いているのとは  

きっと違うんだ 



そうだ 



自分が 自分で 輝かなきゃ ダメなんだ 

人の光をかりて 自分を光らせても ダメなんだ 

人の思いをかりて 自分を幸せにしても ダメなんだ 




自分が 自分で 心の底から 幸せを感じなきゃね 

毎日流れいてく日々を 置かれている環境を  

自分のこれまでの人生も これからの人生も 


心から底から 溢れでるほどに  

自分の人生を幸せだと 感じられたとき 

きっと 他の人へ 幸せを伝える事ができるんだ 


そのときに初めて 

自分が 自分で 輝けるんだ 

自分の周りの人を 照らすことができるんだ 


自分の人生を 心から幸せだと 思えるようにすること 

それがきっと 幸せの届け方なんだね 


Comments