時間のオーラ

----------------------------------------------------------
spelled on 2010/05/30 by everpeace
----------------------------------------------------------

時間って不思議だ。

爽やかな時間、きらきらした時間

その時々の表情もあったりするんだけど

流れる時がまとうオーラみたいなのもある。


なんていうんだろう。

流れる時間の雰囲気っていうか。


たとえば、軽やかな時間

時の流れが心地よくて、やってくる時間もとっても気持ち良いんだ。


重苦しい時間。

時が流れるのがすごく重たくて、ドロドロしたタールみたいな。

こんな時間の流れの中にいる1日はとってもつらい。

一人でこんな時間の流れの中にいる日はとってもブルー。


激流のような時間。

怒涛のように流れてきて、怒涛のように流れ去っていく時間。

もうその流れに身を置くだけで精いっぱい。



もうちょっと変なのもある。

ここが時間という流れがまとうオーラの不思議さでもある

流れてくるまではゆっくりなんだけど、

流れてきたと思ったら一瞬で流れ去ってしまう流れ。


はたまた、こんなのも

動きの無い流れ。

流れているんだけど、流れていない。

ゆっくり流れているのとははっきりちがう。

時は過ぎているんだけど、止まっている時間。




時っていうと一瞬ぽいけど、

時間っていうと、

未来からやってきて過去へやっていく、流れっぽい。

時間が流れてるって思うだけで、いろんな時間があることに気づく。

ちょっと音楽に似てるな。


誰もが流れ来て、流れゆく時に身をさらして、

迫りくる時のオーラを感じながら生きている。


さぁ、明日はどんな時間がながれてくるのかな。

たのしみだな。
Comments